蜜蜂ー新女王蜂の誕生

5日に巣箱の内部検査を行ったところ、写真の手前左側の巣箱に新女王蜂が誕生しているのが確認できた。

この巣箱は、越冬できた唯一の群で女王蜂は一昨年の秋に生まれ、昨年は小柄ながら随分と産卵して増勢に頑張ってくれてが、さすがに今年に入ってからは産卵が減少し、数週間前からついに産まなくなってしまった。

そこで、先月の28日に他の巣箱から、女王蜂が生まれる直前の王台(女王蜂の巣)が取り付いた枠を1枚この巣箱に入れて、産卵しなくなった女王蜂は除去した。

この巣箱を内部検査したところ、生まれて間もない新女王蜂を確認し、産み始めたばかりの卵も確認できた。この様に一回で新女王蜂の誕生を成功させることは稀である。

女王蜂は、卵から生まれるまでに約17日間を要し、生まれて間もなくすると雄蜂達と後尾飛行に出かけ、運良く成功すると生まれて約10日目頃から産卵を開始する。これで一人前の女王蜂として群に君臨することになる。

 

 

 

 

おすすめ

4件のフィードバック

  1. 815 より:

    これで分蜂の心配が一安心ですね。
    新女王蜂が頑張ってくれれば群も活発になって、蜂蜜を沢山貯蔵してくれると良いですね。

    • nao_tenjp より:

      予想に反して早い誕生でした。
      今年購入の群の女王蜂の娘でもあり、大きくて少し黒っぽいです。

  2. 里山里海 より:

    新女王蜂の誕生、よかったですね。
    女王蜂が生まれる直前の王台が付いた枠を巣箱に入れて、産卵しなくなった女王蜂は除去。
    このようなことはむずかしいことだと思います。
    レベルがかなり上がったと思います。

    • nao_tenjp より:

      予想は1週間後の誕生と思っていました。
      おそらく、元の巣箱の内部検査時に王台を見過ごしたとことで、
      結果的に予想より1週間前に生まれたのでしょう。
      女王蜂作りは、タイミングが大事です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください